心への旅がもっと楽しい♪

見方を変えることがすべて~人生が楽になるTips~

私の完璧主義ストーリー③

皆さんおはようございます。

心の旅の案内人 ここたびです。

 

エピソードその2

小さい頃住んでいた家には登り棒のような

鉄柱がありました。庭にあるそれに登って

2階まで行く遊びを繰り返していたのですが、

あるとき私が登って戻ろうと

下がり始めたとき、妹が下に置いてあった

靴を遠くにやってしまったことがありました。

 

当時私にとって、靴がないと足が汚くなる、

だから降りられないわけです。そして、

普段の生活の鬱憤もたまっていたのでしょう。

下がると妹めがけてそこにあったシャベルを

投げつけました。すると、頭に命中し、

血まで出してしまいました。今となっては

恐ろしいことをしたと思いますが、当時は

腹が立って咄嗟にやってしまったのだと思います。

夕飯の準備中だった母が飛んできて、

なにやってるの!?とビックリしてタオル

で傷口を押さえ、病院へいきました。

 

一人になった私はどこかの救急車(妹とは関係

なく)のサイレンが鳴る中、

もう絶対に悪いことはしない!

と決めたのです。

 

この決断がここたびの人生を作っていきます。

 


f:id:kokotabi:20181030093626j:image